イタリア語講師

イタリア文化教師

MARCO CERVIONIマルコはピサ大学のジャーナリズム史科を卒業し、政治学部の「近代における歴史学と社会学」において博士号を取得しました。彼のコースでは、映画の歴史は一つの芸術であるだけではなく、一つの正確な歴史的・文化的・社会的背景を投影するものとして扱われ、住んでいる国を徹底的に深く理解できる絶好の機会を学生に提供しています。 CV: PDF
映画の歴史

映画では、見せて語る、魅了して物語るということが常に同時に作用しているということを理解するために

Lee Foust Insegnanteリーはサンフランシスコ州立大学のクリエーティブ・ライティング科を卒業し、一度イタリアに滞在した後、同大学に戻り、イタリア語・イタリア文学科で二つ目の卒業資格を取りました。2008年にニューヨーク大学でダンテについての研究論文を書いて討論試験を通過し、比較文学の博士号を取得しました。フィレンツェ滞在も長く、いくつかのアメリカンユニバーシティで文学を教えています。また2010年からアカデミア・エウロペア・ディ・フィレンツェで教鞭をとり、ダンテについてのコースも持っています。 CV: PDF
近代イタリア文学

自分の人間形成は自分で管理せよ

FLOAREA

ブカレスト大学の文学・哲学科を卒業し、さらに同大学の文学博士号、そしてフィレンツェの欧州大学院の歴史・文明科で二つ目の博士号を取得しました。出版物も多く、精力的な研究を続けています。1991年からローマニアで、続いてイタリアで、特にアメリカンユニバーシティのプログラムを担当して教えています。6ヶ国語を話し、古典語にも通じています。

CV: PDF
イタリア現代史

イタリア憲法には、「イタリアは労働に基礎を置いた共和国である」と書いてある。私は「美しさに基礎を置いた国」だと思う

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand