MARCO CERVIONIマルコはピサ大学のジャーナリズム史科を卒業し、政治学部の「近代における歴史学と社会学」において博士号を取得しました。彼のコースでは、映画の歴史は一つの芸術であるだけではなく、一つの正確な歴史的・文化的・社会的背景を投影するものとして扱われ、住んでいる国を徹底的に深く理解できる絶好の機会を学生に提供しています。 CV: PDF
映画の歴史

映画では、見せて語る、魅了して物語るということが常に同時に作用しているということを理解するために

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand