Ernst Karl Jorns

カールはリオデジャネイロで建築学を、フィレンツェの国際ファッション学園(ポリモーダ)でテキスタイルデザインを学びました。洋服、アクセサリー、衣装制作だけではなく写真界においても豊富な経験があります。1995年からポリモーダやプラートのテキスタイル美術館、また多くのアメリカンプログラムを担当し教えています。彼の作品はブラジルやイタリアで展示されました。 CV: PDF
テキスタイルデザイン- 古物研究史 - 服飾史

観察することは着想と習得のキーポイント。観察しない人は、何も見ないのと同じ。

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand