NICO GORI

ニコは6歳でクラリネットを習い始め、フィレンツェのケルビーニ音楽学院にてディブ・リーブマン師とトニー・スコット師の下で学び、卒業。1987年から公共の場で演奏を始め、イタリア国営放送RAIに出演。1999年からステファノ・ボッァーニ、エンリコ・ラーバとコラボレーションを開始する。セントルイスにあるワシントン大学で教鞭をとり、2006年からはウィーンオーケストラと協演を始める。

 

クラリネット

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand