BATTISTA LENA

バッティスタ・レーナは子供の時から、ジョン・アッカーマン、エディー・パレルモ、バーニー・ケッセル、アッティラ・ゾラー、ゲイリー・バートンらの教師についてギターを習い始めました。ロベルト・ガットとの共演は1985年に遡り、数年後エンリーコ・ラーヴァと共演しました。1997年に“Banda Sonora”プロジェクトを指揮し、また“Mille Corde”や二枚組CD“I Cosmonauti Russi”などを作曲演奏しました。2008年にはケルン・ビッグバンドWdrが彼の音楽に捧げる録音をしました。映画や演劇のために精力的な仕事をし、2008年から2012年までNY Florenceでギタージャズ、作曲、フィルムスコアリングを教えました。 www.battistalena.eu CV: PDF

 ジャズギター - 映画音楽 - 作曲

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand