Scuola internazionale delle Arti e della Cultura italiana

AEF Accademia Europea Firenze

イタリア留学 美術

応用美術

19世紀の旅行者がしたのと同じように、風景や人々の生活の様子を捉えてデッサンします。画法はインク、コンテ、パステル、水彩などを使います。

続きを読む...

主な目的は、対象の細部を捉える観察眼を養い、均衡や傾斜の角度、量感が理解できるようになり、それをデッサンとして上手に表現できるような技術を養うことです。

続きを読む...

このコースの目標は写真を通して現実を探り、描き、物語る能力を身につけることです。

続きを読む...

色彩に関する基本的な知識と、様式と内容を表現する技術を習得した後、画用紙を使って実践に移ります。授業の一部は、絶好の画材であるフィレンツェの風景を写実するために屋外で行われます。

続きを読む...

このコースではイタリア国家統一運動期においてトスカーナで活躍した印象派マッキアイオーリ派の画風に焦点を当てます。中でもトンマーゾ・ファットーリ、テレマコ・シニョリーニ、ヴィンチェンツォ・カビアンカなどの作品が授業で取り上げられます。

続きを読む...

このコースは粘土を使う基本的な知識を導入することから始まります。学生は石膏による一連のモデル作品の中から自分の題材を選びます。

続きを読む...

このコースではまずろくろを使って陶土を造形することを学び、次に彩色し焼いて釉薬を塗って、自分の作品を完成していきます。

続きを読む...

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand