バレエ・ダンス

イタリア留学 バレエ・ダンス

フローレンス・ダンスセンター(ダンス研究のためのプロ養成アートセンター)の協力によるコース。
フローレンス・ダンスセンターは1987年にマルガ・ナティーヴォにより創設されました。マルガは当時すでにフィレンツェのテアトロ・コムナーレの花形プリマバレリーナで、その長い国際的なキャリアの中では最も高名な振付師につき、また世界で最も有名なダンサーと共演しました。その後、アーティスティックパフォーマンスができる“オープンスペース”を作ることを考え、オルトラルノ(フィレンツェ対岸地区)の中心に学校を構えました。500平米の敷地にダンスルームが3つもあり、その現代性と、音楽、絵画、写真、彫刻、文学などのいろいろな芸術文化が集中するところとして、重要な地位を占めています。

ミッション
フローレンス・ダンスセンターの主な目標はアマチュア及びプロのダンサーとバレエ・ダンスに関わる仕事をする人材を養成することです。22人のインストラクターが15のコースに分かれて舞踏法を教え、生徒は4・5歳から大人まで様々です。ダンス芸術を教育レベルまで上げようという意欲は、アカデミア・エウロペア・ディ・フィレンツェの集中学士コースBachelors in Arts and Danceだけではなく、フィレンツェ大学やアメリカの各大学と提携して、大学生のための特別プログラム(Dance Abroad Program)を組んで、成果を上げていることにもよく現れています。

振付師になるためには何が必要でしょうか。体の動きと音楽を通してアイデアを形に変えることを学ぶにはどうしたらいいでしょう。当校のラボラトリーはダンス、振り付けプロジェクト、最終上演の3部に分かれています。学生は国際的レベルで有名な熟練インストラクターの指導を受け、振り付けの全行程を体験できます。

続きを読む...

クラシックバレエコースは中級及び上級クラスの生徒を対象にしています。メソッドはヴァガノヴァ式を基本に、チェッケッティ、ブルノンヴィル、ローヤルアカデミー・オブ・ダンス、バランシンのネオクラシックレッスンが加わります。

続きを読む...

このコースは初心者及びすでにこの華麗なダンスの経験がある人を対象にしています。授業では動きの他にフラメンコの伝統文化とダンスに込められた情熱についても学びます。

続きを読む...

ヒップポップという言葉はダンスだけではなく、正真正銘の文化を意味します。アフリカで生まれたヒップポップ文化は1970年代後半にストリートダンスという形で社会運動としてアメリカで広く普及しました。続いていろいろなスタイル(ポッピング、ロッキング、ハイプ、ニュースタイル、ハウス)へと発展し、音楽もいろいろなジャンルが使われています。

続きを読む...


  • Danza 1
  • Danza 2
  • Danza 3

フローレンス・ダンスフェスティバル

フローレンス・ダンスフェスティバルは、25年来、フィレンツェで行われている国際ダンスの重要なイベントです。イベントは当初から街の最も美しい場所で行われています:カシーネ公園、フィエーゾレのローマ円形劇場、サンティッシマ・アンヌンチャータ広場、ボボリ公園、ウフィッツィ美術館、ミケランジェロ広場、フォルテ・ベルヴェデーレなどです。今までダンス界で最も有名なアーティストたちが参加しました:マース・カニンガム、モーリス・ベジャール、アントニオ・ガデス、ホセ・リモン、カロリン・カールソン、トリーシャ・ブラウン、イーゴリ・モイセーエフ、クリスティーナ・オヨス、ダヴィド・パーソンズ、ステファン・ペトローニョ、ボリス・エイフマン、パスクァーレ・リオー、アレッサンドラ・フェッリ、ジューリオ・ボッカ、イザベル・ゲラン、ローレンス・ヒレール、マルガ・ナティーヴォ、カルラ・フラッチなど、そして世界中の最も有名な舞踊団です。2009年からはフェスティバルの舞台はバルジェッロ国立美術館です。この素晴らしい中庭を舞台にパフォーマンスできることは、アカデミア・エウロペア・ディ・フィレンツェの学生にとって、かけがえのない唯一の機会です。実際、夏期講習の学生は毎年イベント制作に携わり、世界に唯一のこの舞台でパフォーマンスを実現できるという、一生忘れることのできない経験をしています。

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand