Scuola internazionale delle Arti e della Cultura italiana

AEF Accademia Europea Firenze

振付師になるためには何が必要でしょうか。体の動きと音楽を通してアイデアを形に変えることを学ぶにはどうしたらいいでしょう。当校のラボラトリーはダンス、振り付けプロジェクト、最終上演の3部に分かれています。学生は国際的レベルで有名な熟練インストラクターの指導を受け、振り付けの全行程を体験できます。

 振付師は、体の動きと形と音楽を通してアイデアを表現する、つまり芸術を確立する権力と自由権を持っています。

でも、振付師になるにはどうしたらいいでしょうか。それを目標にしている学生はまず基本的な技術を身につけ、バレエ・ダンスのいろいろなスタイルを習得し発展していかなければなりません。次に自分自身の基本的能力を習得、確立し、それを多様な創造性の分野へ広げていきます。バレエ・ダンスに関しては、ジェスチャーの分析、感情の評価、抽象化する能力、そして微妙な表現の中に美しさを見つけることを意味します。同時に、振付師は空間、時間、エネルギーの基本的な躍動性を理解し、またその中で体がどう関連づけされるのかを習得しなければなりません。
コースは3部に分かれています。
1.ダンス・スタディー
2. コレオグラフィープロジェクト:ミュージック・インパルス!(曲に合わせたショート・コレオグラフィー)。メード・イン・フローレンス(フィレンツェの街角とモニュメントから着想し、基本よりさらに豊かな振り付け)
3. バレエプロジェクト!:ラボラトリーの最終結果、つまり体の動きの研究、クラスでの活動、個人研究、即興で創作できる能力の成果)
教科書: The Art of Making Dances, Doris Humphrey - A Primer for Choreographers, Lois Elfeldt

お問い合わせはこちら: infodanza@aefirenze.it


  • Danza 1
  • Danza 2
  • Danza 3

フローレンス・ダンスフェスティバル

フローレンス・ダンスフェスティバルは、25年来、フィレンツェで行われている国際ダンスの重要なイベントです。イベントは当初から街の最も美しい場所で行われています:カシーネ公園、フィエーゾレのローマ円形劇場、サンティッシマ・アンヌンチャータ広場、ボボリ公園、ウフィッツィ美術館、ミケランジェロ広場、フォルテ・ベルヴェデーレなどです。今までダンス界で最も有名なアーティストたちが参加しました:マース・カニンガム、モーリス・ベジャール、アントニオ・ガデス、ホセ・リモン、カロリン・カールソン、トリーシャ・ブラウン、イーゴリ・モイセーエフ、クリスティーナ・オヨス、ダヴィド・パーソンズ、ステファン・ペトローニョ、ボリス・エイフマン、パスクァーレ・リオー、アレッサンドラ・フェッリ、ジューリオ・ボッカ、イザベル・ゲラン、ローレンス・ヒレール、マルガ・ナティーヴォ、カルラ・フラッチなど、そして世界中の最も有名な舞踊団です。2009年からはフェスティバルの舞台はバルジェッロ国立美術館です。この素晴らしい中庭を舞台にパフォーマンスできることは、アカデミア・エウロペア・ディ・フィレンツェの学生にとって、かけがえのない唯一の機会です。実際、夏期講習の学生は毎年イベント制作に携わり、世界に唯一のこの舞台でパフォーマンスを実現できるという、一生忘れることのできない経験をしています。

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand
Privacy Policy