Q&A

 

イタリア語コース

次期のコースはいつから始まりますか。

コースの開始日については、当校のカレンダーを見るか、秘書課(segreteria)にお問い合わせください。

学校の初日は何をしますか。

9時に学校の秘書課(segreteria)に来てください。初心者はレベル1から始めます。他の学生は筆記試験と口頭試験をし、レベルに合ったコースを決めます。

コースはどんな構成ですか。

通常、イタリア語のレッスンは午前9時から12時30分までです(文法:9時から10時30分、会話:11時から12時30分)。ただし午後の授業がある場合は13時から始まります。16時以降はオプションの活動があります。詳細な時間割はコースが始まるときに決められます。

教科書は何を使いますか。

基本となる教科書と練習問題は当校の教師が製作したものを使います。そのほか新聞記事や雑誌などの原文、視聴覚教材、DVDなども使われます。

教材はコース料金に含まれていますか。

教科書と補助教材は料金に含まれています。(辞書は含まれていません)

どんなメソッドを使いますか。

AEFは言語学習における最新の概念に基づき、学生の必要を満たすことを全ての教育活動の中心として考えています。学生はコースの第1日目から周りの人とのコミュニケーションができ、外部からのインフォメーションを理解することができるようになります。すると興味がますます刺激され、もう少し複雑な次のステップに挑戦しようという意欲が湧いてくるのです。またフォーマルな場面とくだけた場面での使い分けができるように、会話と文法がバランスよく導入されます。最新の視聴覚教材もふんだんに使い、学生と教師の必要に応じて常に更新しています。

教師はどんな資格を持っていますか。

当校の教師は全員高度の資格を持っています。人文言語部の大学を卒業し、外国人のためのイタリア語及び文化教育を専門的に研究した教師です。

学生はどんな証明書を取得できますか。

AEFは以下の証明書を発行します:

  • 各コース終了時:最終テストに合格した学生に、レベルを明示した修了証書。
  • 各コース終了時:規則的にレッスンに通ったが、最終テストを受けなかった又は合格しなかった学生には、通学修了証書。
  • ••各コース終了時:規則的にレ•上級コースの試験に合格した学生には“イタリア語能力認定証”。ンに通ったが、最終テストを受けなかった又は合格しなかった学生には、通学修了証書。

12ヶ月通えばイタリア語が話せるようになりますか。

AEFは初級から上級まで7レベル用意しています。それそれのレベルは通常一週間に20時間、4週間コースです。12週間で初級と中級を終了し、イタリア語の基本的な構文とその使い方を一通り習得できるように組まれています。複雑な場面でも、正しい構文を使っていろいろな話題について話すことができるようになります。

end faq


課外活動、レクリエーションプログラムについて

文化と趣味のプログラム

AEFは文化や趣味に関するいろいろな活動を定期的に企画しています。詳しくはプログラムカレンダーをご覧ください。

 



到着、移動、宿泊

個別アパート

個別アパートを借りれば、共同生活のような制約がなく、家族や友達を自由に招待することができます。

他の学生との共同アパート

当校の他の学生やイタリア人の学生とアパートを共同で借りたり、家主と一緒に住むこともできます。キッチンやバスルームは共同です。アパートは家具付きで、キッチンも食器などが完備されています。電気代、ガス代、水道代やその他の経費は家賃に含まれていません。アパートは入居の時清掃されていますが、滞在中の自分の部屋と共同部分は学生が各自責任を持って清掃しなければなりません。

ホームステイ

  • •当校は留学生を受け入れるのが好きなファミリーを厳選しています。イタリアでも習慣は変わってきていますので、“ファミリー”という時、片親の家族、子供のいない夫婦、独身者も含みます。洗濯機、アイロン、その他の電気製品の使用については、ホストと話し合って決めてください。ホームステイのタイプは次の通りですので、希望を申し出てください:(1)朝食付き、(2)朝食と夕食付き。ホームステイではキッチンは使用できません。

宿泊期間

宿泊施設はコース開講の1日前からコース終了の1日後までです。

到着:日にちと時間

少なくても到着の1週間前までにファミリーまたはアパートの家主とコンタクトを取る必要がありますので、それまでにできるだけ正確な到着予定日時を知らせてください。

シーツ類とタオル

シーツは用意されています。タオルは家主に依頼してください。

洗濯

通常アパートには洗濯機はありません。街のセンターにはコインランドリーが多数ありますのでそちらをご利用ください。

WIFI

宿泊場所に必ずWIFIがあるという保証はできません。秘書課(segreteria)にお尋ねください。

所在地

当校が選んだ宿泊場所の大部分は街のセンターにあります。学校には徒歩または公共交通機関を利用して10分から30分程度ですので、通学にも便利です。

食べ物

イタリアのファミリーと暮らすホームステイの場合は、朝食のみ、またはハーフペンション(朝食と夕食)のどちらかを予約できます。イタリアの食事はあなたの食生活と異なる場合があります。朝食は通常コーヒー、カフェラッテまたは紅茶と、パン、バター、ジャムです。夕食は普通20時頃です。イタリアの食事に必ずデザートが含まれているとは限りません。

宿泊施設への支払い

AEFは宿泊施設の予約のみ行いますので、家賃は鍵引き渡し時に家主またはファミリーに直接支払ってください。

他の学生と二人で部屋を借りる

予約時にはもう一人の学生がいるかどうかわかりません。もう一人の学生がいない場合は二人部屋でも、シングル料金を払います。

送迎

AEFはフィレンツェの空港または駅からのトランスファーを手配できます。到着の日にち、時間、飛行機の便名をお知らせください。手配には1週間かかりますので、その点を考慮して、コースへの申込用紙に記入するか、または別途にお知らせください。料金については秘書課(segreteria)までお問い合わせください。

 



役に立つインフォメーション

気候

夏季の平均気温は18°C から30°C (64°Fから86°F)、冬季の平均気温は4°C から 16°C (39°Fから 61°F)です。
Florence Weather Forecast, Italy

WIFI

学校内ではフリーです。

電圧

イタリアでは220ヴォルト、AC式です。またコンセントとプラグは日本と異なります。国から出発する前に、アダプターをご用意ください。

保険

EC諸国からの学生はヨーロッパ健康保険が使えます:http://ec.europa.eu/social/main.jsp?catId=559&langId=it
EC諸国以外の学生は民間の健康保険をかけて、自国のイタリア大使館とコンタクトを取ってください。盗難保険は多くの場合個人障害保険に含まれていますが、もし含まれていない場合はイタリア滞在期間をカバーする保険をかけることをお勧めします。

ユーロ (€)

イタリアの通貨はユーロです(複数:ユーロ、省略形:EUR、シンボル:€)。ユーロはイタリアとヨーロッパ共同体の公式通貨です。

健康、医者、薬局

救急病院は、緊急の治療が必要な場合は誰でも無料です。そのほか医師の診療が必要な場合はAEFが医師とのコンタクトを取ることができます。また24時間開いている薬局もあります。必要な診断書または処方箋を持参してください。

国の祭日

AEFは国の祭日、宗教の祭日、地域の祭日は休みです。祭日のために休講になったレッスンは払い戻しはありません。

電話

フィレンツェ滞在中携帯電話をレンタルすることができます。AEFの秘書課(segreteria)にお問い合わせください。

車で旅行する

街のセンターには車で入ることも駐車することもできません。

ビザ

EC諸国の市民はICカードまたはパスポートでイタリアに入国できます。EC諸国以外の国籍の学生は、ビザについて自国のイタリア大使館または領事館にお問い合わせください。90日以上の滞在の場合は学生ビザを申請してください。AEFは、あなたが当校のコースに申し込んで内金が支払われたことを確認した後、ビザ申請に必要な書類を送付します。

世界の時差(ワールドタイムゾーン)

イタリアは中央ヨーロッパの時間帯(CET)を適用しています。例えば、ローマ:0時 / ニューヨーク – 6 / 東京 + 8と計算します。夏期(3月中旬から10月中頃)は夏時間(CEST = CET + 1H)を採用しますので、例えば、ローマ:0時 / ニューヨーク – 5 / 東京 + 7になります。

end faq

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it. Learn more

I understand